薬剤師 パート 見つからない

結婚・出産 そして子育て
なにかと忙しい毎日ですが
薬剤師として働いて少しでも家計の足しにしたい!
そんな風に考えるママ薬剤師の方も多いと思います。
しかし「家事・子育て」と「薬剤師の仕事」の両立させようとしたら、どうしてもその働き方は「正社員・派遣」ではなく「パート」という選択にならざるおえません。

しかし、探してみたら意外と「パートでの薬剤師の仕事が見つからない」と嘆く方も多いのです。

子育てや家事のことを考えたらパートでの薬剤師の働き方って、いろいろな制約があります。
・勤務地
・勤務できる時間や曜日
これらはパートで働くママ薬剤師ならどうしても譲れない条件でもあります。

そんなあなたの都合にぴったり合ったパートでの薬剤師の仕事を探すのにもうあなたは疲れたかもしれません。

でも、それって自分で薬剤師のパートの仕事を探しているからなんです。

薬剤師専門の転職エージェントでは「パート」の仕事もたくさん抱えているのです。

ですから、パートの薬剤師として働きたいあなたのわがままを叶えてくれる勤務先が見つかることも多いのですよ。

\あなたに変わってぴったりのパートの仕事を探してきてくれる/
【お仕事ラボ】で主婦薬剤師でも働けるパートの職場を探す


薬剤師のパートの仕事が見つからないのは?

薬剤師 パート
ほんの少し前までは、パートの薬剤師の仕事ってたくさんあったのです。
どこの企業もやくざい足の有し鵜各社を焼きになって求めていました。

例えば。ママ薬剤師のパートの仕事で多かったのが「ドラッグストア」でした・
多くのドラッグストアチェーンはそれこそすごい勢いで出店攻勢を行っていました。
それは、紛れもなくインバウンドの影響もあったと思います。

しかし、ご存知の通りインバウンドの影響は影も形も無くなってしまいました。
閉店にまで追い込まれるドラッグストアの店舗も出てきたくらいです。

さらに政府の社会保障制度の見直しで、保険報酬も厳しくなる一方で企業の採算性もどんどん厳しくなってきているのです。
今回の薬価改定で9000億円もの市場が消失したともいわれています。
参考:薬価基準収載品目リスト及び後発医薬品に関する情報について(令和4年8月18日適用)
https://www.mhlw.go.jp/topics/2022/04/tp20220401-01.html

薬剤師のパートの仕事の条件にこだわりすぎていませんか?

薬剤師資格を持つ女性

薬剤師の資格さえあれば、パートであってもたくさん働き口があった!
そんな古き良き時代はもう過ぎ去ってしまいました。

なのに、あなたの希望するパートの勤務条件は以前として高望みのままではありませんか?

例)
・通勤時間が10分以内のことろしかイヤ
 または駅近の便利な所しか嫌
・時給は最低でも2,500円以上
・勤務時間は午前中だけ
・土曜日曜祝日は働きたくない

そんな条件にこだわりすぎているといつまでたってもパートの薬剤師の仕事は見つかりません。

かといってパーtの薬剤師の仕事の条件で譲れないこともたくさんある

しかし、家事や子育てがある忙しいママ薬剤足であれば、なかなか譲れない条件もたくさんあるはずです。

要は、どこまで譲れるのか?
パートの薬剤師の仕事を探すうえでその妥協点を見つけることが重要です。

パートの薬剤師の仕事を自分で探すのはもうやめた方がいいかも?

パート薬剤師の求人情報を探す

あなたはどんな風にパートの薬剤師の仕事を探していますか?

もしかしたら、スマホやパソコンで「薬剤師 パート 地域名」みたいな感じで検索して出てきた求人情報を片っ端からチェックしているだけではありませんか?

でも、なかなかあなたの機能条件に合う求人情報は見つからないはずです。

パートの薬剤師の仕事が見つからないなら薬剤師専門転職エージェントに登録してみては?

薬剤師 転職エージェント

今はどの企業も薬剤師を募集するのに薬剤師転職エージェントを利用しています。

なぜなら、ひとりひとり問い合わせのあった求職者の中から選ぶよりも、予め薬剤師専門転職エージェントが選別してくれた求職者の中なから選ぶほうが効率的だからです。
最初からミスマッチな条件で応募してくる求職者の方が後を絶たないのが人事担当者?深刻な悩みでもあります。

自分の希望条件を遠慮なくぶつけられるのが薬剤師専門転職エージェントを利用するメリット

子育て中の薬剤師の就活
自分でパートの薬剤師の仕事を探すにあたって、希望条件に近いパートの仕事があったとしても100%一致ではないはずです。
しかも、それがとても譲れない重要なことも多いことでしょう。
でも、それを面接の場できちんと主張できますか?
安易な妥協で後悔してしまい、すぐに辞めてしまった経験のあるママ薬剤師さんもたくさんいます。

薬剤師専門転職エージェントを通してパートの仕事を探したのならば、予めその条件をぶつけることもできますし面接前に企業に打診することもできます。
これってかなり薬剤師専門転職エージェントを利用する大きなメリットではないでしょうか。・

いちいち薬剤師のパートの仕事を自分で探すより待っているだけでいいから楽ちん

自分でパートの薬剤師の仕事を探すとなるいと、毎日毎日スマホやパソコンで求人情報とにらめっこしなければなりません。
でも、薬剤師専門転職エージェントなら、登録した後は自分の希望条件にあう九十情報を待っているだけですみます。

今の薬剤師のパートの求人情報の状況がわかる

今あなたが希望しているパートの薬剤師の仕事の条件が果たして無理難題を言っているのか?
それはやはり転職のプロの意見を教えてもらうことは良い経験になると思います。

そんな条件なrファいっそのこと無理hして働くことはしない
それなら今は家事と子育てに専念するほうが得策
そんな決断も出来るのです。

\あなたに変わってぴったりのパートの仕事を探してきてくれる/
【お仕事ラボ】で主婦薬剤師でも働けるパートの職場を探す


企業が求めるパート薬剤師も専門性を求める時代になってきた


薬剤師をを採用する企業側も
・正社員だから
・派遣だから
・パートだから
とかいった線引きも段々と少なくなってきました。

それは企業が求める薬剤師増も大きく変わりつつあるのです。

例えば、いまはかかりつけ薬剤師への取り組みが欠かせません。
しかし、これは週に3日などのパート勤務では対応出来ない事です。
そのため、かかりつけ薬剤師への対応を積極的にすすめている薬局では「週30時間働いてもらえれば…」という要望もあります。
※(基準調剤加算を算定している薬局

たとえパートの薬剤師であっても
・週30時間以上働くことが出来る
・認定薬剤師を取得ている
・かかりつけ薬剤師の要件を満たす努力をしている
のであれば積極的に採用したいものです。

ブランク中であっても薬剤師としてのスキルアップすることは怠らないでくださいね。
お金はかかりますが、以下のサイトで研修認定薬剤師を取得するママさん薬剤師もたくさんいらっしゃいます。