薬剤師 妊娠 報告

結婚しても夫婦共働きでバリバリ働いている女性薬剤師はたくさんいます、
しかし結婚している女性薬剤師だからこそ困る問題があります。
それはズバリ「妊娠」です。

妊娠するとししすぐに「出産」「子育てt」が待ち受けています。
そのため産休や医くきゅを利用する場合でもいったん薬剤足の職場を離れなければいけません。
しかし、自分が職場を離れるということは他の同僚に大きな迷惑をかけてしまいます。

そこで女性薬剤師の
・妊娠の報告のやり方
・妊娠中の調剤作業の注意点
・仕事の引継ぎのやり方

について考えてみましょう。

薬剤師が妊娠したら報告はいつ?誰に?

薬剤師 妊娠 報告

まずは妊娠期の早いうちに自分の働き方について考えておきましょう。
この妊娠をきっかけに・退職するのか?
あるいは、産休や育休制度を利用して復帰をするか?
このあたりをしっかりと決めたからでないと妊娠の報告もできません。


「妊娠しました」

「それはおめでとう
 ところで、いつから休むの?
ひょっとして退職?」

「え~っと・・・・・
 まだなにも考えていませ~ん」




これでは報告を受けた上司も戸惑うだけです。

産休や育休はどの程度取得する?
まずが勤務先の産休・育休制度を確認しておきましょう。
また職場復帰後の働き方についても考えておかなければなりません。
幼い子供がいる間はフルタイムで働くこともかなり難しいので夫や祖父母の協力が得られるのか?も確認が必要です。
いったん正社員としての働き方をやめ、短時間勤務のパート社員という選択もしなければならない場合もあります。

そのためにも上司からの質問に対してはきちんと答えられる準備はしておきましょう。
上司からの質問に対して明快に答えられれば
「きちんと考えているな」
「今後も働き続けたいのだな」

とあなたの希望や考えがきちんと伝わるはずです。

妊娠のの報告はまずは直属の上司に

この妊娠について自分の大体の考えやスケジュールが決まったら、できるだけ早い段階で直属の上司に妊娠の報告をしましょう。、
もしもああなたが今の薬剤師の職場で責任のある立場の場合、なかなか妊娠の報告も言い出しにくいかもしれません。
しかし、あなたの妊娠の報告が送れることはそれだけ準備期間が短くなてしまうことでもあります。
後任のことや仕事の引継ぎを考えれば早めに妊娠の報告をおすすめします。

妊娠3か月目までには報告を

妊娠初期の場合、どうしても妊娠の報告はためらいがちです。
しかし、妊娠中の女性の身体はとてもデリケートです。
重い物を持つのは控えなければなりませんし、つわりの酷い場合もあります。
妊娠を知らない上司や同僚たちはそんな苦使いまでできません。

体調によりますが、できればお腹の赤ちゃんのp心拍が確認できる妊娠3か月ごろまでにはきちんと妊娠の報告やその後の相談をしておきましょう

あなたの妊娠を他の同僚から聞いた上司の気持ちは?

妊娠の報告は真っ先に直属の上司にしてください。
上司よりも先に職場の同僚に妊娠のことを話してしまうと、自分の口からではなく他の同僚から女医牛の耳に入りかねません。
※いくら口止めしても無理です。
もし間接的にあなたの妊娠を知った上司は、どうしてんもい自部yんお存在が軽んじられていると受け止められかねません。

出産・子育て後のことについては上司にも大きな力を借りなければいけないことは忘れないでください。

上司への妊娠の報告のための内容リスト

「とりあえず妊娠の報告意外になにを伝えればいいの?」
という方は以下のことだけは答えられるようにしておきましょう。

  • 出産予定日
  • 体調・妊娠経過
  • 産休・育休の期間とおおよその予定
  • 妊娠期間中の働き方について
  • 引き継ぎのやり方
  • 職場復帰後の働き方

あなたの妊娠が今の会社に迷惑をかけてしまうことはは避けられない

薬剤師のあなたが妊娠したことに罪悪感を感じる理由は微塵もありません。
本当に幸せでラッキーなことなんです。
しかし、今の職場の府に来や会社の風土、上司の価値感によってあなたの妊娠のことも受け止められ方は異なることも事実です。

「産休・育休は当然の権利ですから」
「会社に迷惑はかけませんから」

そんな突っ張った態度は控えましょう。
もちろん産休や育休は当然の権利でありますが、今の職場や同僚に多少なりとも迷惑をかけることは避けられませ年。
産休ギリギリまでバリバリ働こうとしても、体調を崩してしまうことは妊婦ならよくあることです。

ですからそういったことも考えれば
「ご迷惑をおかけするかもしれませんが、精いっぱい努力します」
というあくまでも謙虚な態度で臨みましょう。

そうすれば妊娠中の調剤業務の内容やその量などの配慮も受けやすくなります。

妊娠中の薬剤師が調剤業務で気を付けるべきこと

薬剤師 妊娠 調剤

妊娠中の身重の身体にはくれぐれも注意を払ってください。
もはやあなたの身体はあなただけのものではなく、大事な赤ちゃんが宿っているのです。

そこで、妊娠中の薬剤師の業務でも気を付けなければならないこともあります。

妊娠中の立ちっぱなしの調剤業務はきついかも

門前薬局ではひっきりなしに患者さんが訪れます。
そのため勤務中はずっと立ちっぱなしだったり歩きっぱなしのことも珍しくありません。

できれば薬の監査・セットなどあまり立ったり座ったりする動作が少ない業務を担当させて貰えないか相談してみましょう。

粉薬・散剤・粉砕の調剤業務は避ける

調剤業務に「粉薬」「散剤「粉砕調剤」があります。
しかし妊娠中の薬剤師の調剤業務でこれらはできるだけ避けた方が賢明です。
特に、精神科・小児科の病院に勤めている場合は気を付けましょう。

粉薬の調剤では例えます苦はしていても、調剤中にどうしても微量とはいえ口や鼻から吸引してしまう恐れがあります。
特に粉薬の処方が多い小児科や精神科を受け持つ調剤薬局では気を付けましょう。

妊娠した薬剤師の仕事の引継ぎマニュアル

薬剤師 引継ぎ
退職するにしろ
産休・育休を取得するにしろ
後任への仕事の引継ぎはスムーズに行わなければなりません。

妊娠も安定期に入り、体調も落ち着いてきたのなら仕事の引継ぎの準備も進めていきましょう。

あなたなりの薬剤師の仕事の引継ぎマニュアルを作る

仕事の引継ぎマニュアルにこれといった形はありません。
それはひとそれぞれに仕事の内容ややり方が異なるからです。
ですのであなたなりのい仕事の引継ぎマニュアルを作らなければなりません。

でも、なにから手を射つければいいのか?
迷う方も多いでしょう。

まずは自分の仕事の流れを再確認する

仕事の引継ぎマニュアルと作りには

①自分お仕事をすべて書き出す
  ↓
②全体の厚生や流れがわかるよう図にしてみる
  ↓
③仕事の内容や手順の説明を入れた「仕事の内容と流れマニュアル」をA4用紙で作成する

仕事の引継ぎマニュアルは後任が実際に仕事にあたった時に渡す

事前に用意した引継ぎマニュアルを上司や同僚に預けておくおk田が多いのですが、そいれはせっかくの引継ぎマニュアルもあまり役に立ちません。
できれば後任の人が実際にあなたの業務を引き継ぎにあたったときに手渡しうのが一番効果的です。
なぜなら、いくらかかりやすくあなたが作ったつもりでもそれがきちんと相手に伝わるかどうかはわからないからです。

仕事のサンプル
過去の資料
などできるだけ相手?立場に立ってより具体的にまとめるのがポイントです。

特に困った時の対応は具体的に書き出しておきましょう。
そんもことで分からいことがあった場合に誰に聞けばいいのか?
提携病院の連絡先や連絡する時間帯
※担当医や看護師の性格まで伝える。

引継ぎマニュアルは渡して終わりではない

仕事の引継ぎがうまくくかどうかは後任が実際にそれにそってやってみて初めてわかるものです。
ですから
①最初は説明をしながら仕事の流れを見てもらう
②二度目は一緒にやってもらう
③三度目は後任の人に任せてみて、ひとりでやってもらう

そんな流れで後任の薬剤師の業務の不安を払拭してあげましょう。