薬剤師 挨拶
もしかしたら
「エェ!薬剤師が患者さんに挨拶する必要があるの?」
なんて考えているあなたはかなりブランクの長い薬剤師さんかもしれません。
今は調剤薬局業界も「激戦」状態なのです。
病院から出てくる患者さんを多くの調剤薬局が奪い合っているのです。
患者さん自身もずらっと立ち並ぶ調剤薬局の中からそのひとつを選ぶ時代です。
あるいは病院の近くではなく自分の家の近所のドラッグストアで処方箋を持っていくかもしれません。
ですからどこの調剤薬局も「お客さんへの接客」を重要視しています。

だからこそ、挨拶ひとつで
「この薬局の接客は気持ちいい、また次もここにしよう」
と考えるか
「この薬局は不愛想だな!次は他の薬局にしよう」
と思うか?
天と地の差がありあmす。

薬剤師の挨拶は意外と難しい!調剤薬局で患者に「いらっしゃいませ」「毎度ありがとうございます」も変だし

薬剤師 挨拶
薬剤師が薬局でする患者さんへの挨拶って意外と難しですよね。
「いつもお世話になっています。」
「毎度ありがとうございます」
どれも少し違和感があります。
だって患者さんは好きで調剤薬局に来ているわけではないのです。
病気(持病)が完治すれば、もう来たくはありません。
できれば、もう薬は飲まなくてもいいい健康?な身体に戻りたいのです。

ですから
「ありがとうございます!」
という気持ちをあまりにも前面に出しすぎるとかえって患者さんに不快な印象を与えかねません。
「いつもお世話になっております」
これもまた違和感もあります。
患者さんは治療のために嫌々ながらも薬を服薬しているのです。
患者さんがどんな気持ち治療を受けているのかを察してあげる心配りも必要です。

薬剤師の挨拶と笑顔が信頼・安心となる

薬剤師 接客

実際に薬剤師が調剤薬局に訪れてきた患者さんにどんな挨拶がふさわしいのでしょうか?

基本的には
「おはようざいます」
「こんにちは」
「こんばんは」

の挨拶に加えて
患者さんの様子や状況に合わせて少しのプラスアルファ程度が良いのではないでしょうか・
自然に思いやりの気持ちがさりげなく伝えることができればそれで十分だと思います。

「おはようございます。では処方箋をお預かりいたします」
「こんにちは。今日はどうされましたか?」
その声の大きさや口調にも気を付けましょう。

薬局を訪れてくる患者さんは具合の悪い方もいます。
そんな辛い時に元気の良すぎる接客ではかえって悪印象を与えます。

薬剤師の挨拶の必要性

「そんな薬剤師の挨拶が難しいんだったら、下手に挨拶なんかしないほういいじゃない?」
と思われるかもしれません。
でも、薬剤師が調剤薬局に訪れる患者さんに挨拶する目的を考えてみましょう。
それはお客さんを逃さないためです。

薬剤滋賀ただ処方箋通りにお薬汚を所掌して、患者さんい渡す。
それだけではお客さんとの信頼関係が築けないのです。

訪問してきた患者さんはひょっとしたら自分の処方さたお薬についてなにか不安や疑問を持っているかもしれません。
そこで気軽に相談できる薬剤師さんと患者さんとの信頼関係が挨拶をきっかけとして築ければ、それは最強の営業になるのです。

きっとその患者さんは次もその調剤薬局を訪れることになるでしょう。
もし初めて訪れた調剤薬局でなにか不快に感じたら次は他の調剤薬局に行ってしまいます。

薬局で薬剤師と患者が交わす挨拶は患者さんに
「ここの薬局の薬剤師なら信頼できる」
と思う最初のコミュニケーションになるのです。
ですのいで患者さんへの挨拶のスキルは薬剤師にとって大変需要です。

薬局に訪れる患者さんお気持ちを察して
府あにゃ不快にさせない言葉を選んで愛さるすることを心がけましょう。
あなたの薬局に訪れる患者さんに
感謝
いたわりのココをを込めて
いつでもあかるく元気な挨拶できるような薬剤師になって欲しいです。

思わず「いらっしゃいませ」と挨拶してしまう薬剤師もいます

薬剤師 挨拶 苦手
薬局では薬剤師のい挨拶も大事!
そう聞いて突然訪れた患者さんに思わず
「いらっしゃいませ」
と挨拶してしまうことってありませんか?

確かに
「いらっしゃいませ」
は薬局の薬剤師の挨拶にはふさわしくないかもしれません。
ですが、まずは声を出して挨拶することが大事です。
その心がけは素晴らしいことだと思います。
調剤やカウンターでの接客作業をしながらですから、突然の患者さんの来店にうまく挨拶できなくて最初は当然です。
でも、挨拶って患者さんに
「あなたのことは気づいていますよ」
という大事なシグナルなんです。
ですから、まずは
失敗を恐れず
恥ずかしいなんて気持ちも捨てて
まずは声を出すことを心がけましょう。

挨拶を失敗したって、笑われたって気にしない

挨拶は結局は「慣れ」でしか解決しません。
特に復職したて
新しい薬局に赴任したて
であれば挨拶ひとつでもド緊張してしまうおは誰でもい当たり前のことなんです。

突然に訪れた患者さんに
「毎度ありがとうございます」
なんて挨拶をしたってk邪魔和ないじゃないですか。
別にそのことで違和感を患者さんは感じても怒り出す人はいないでしょう。
そんな言葉尻よりも、笑顔や口調がもっと重要です。

挨拶が苦手なら他の薬剤師とも話し合いましょう

挨拶が苦手なら他の薬剤師とも話し合いましょう。
例えば
午前の11時までは「おはようございます」
それ以降は「こんいちは」
に挨拶を決める。

それだけで気持ちはかなり楽になります。

調剤薬局内での薬剤師の挨拶のまとめ

今の調剤薬局業界ではすでにどこも「客商売」「サービス業」であることを認識しておきましょう。
患者さんはお客さまということを忘れないでください。

ただでさえ保険の点数の改正(改悪)でどこの薬局も苦しい状況です。
また多くの店舗を展開している調剤会社は店舗ごとにも厳しい採算ラインを課しています。

薬剤師の挨拶は
「何を言うか_」
よりも
「声のトーン」や「笑顔」
のほうがはるかに重要です。
挨拶はまず離れることkぁらです。
反射的に声が出るようになるまで反復練習しかありません。



ブランクのあるママ薬剤師の最強の働き方は正社員?パート?派遣?