薬剤師 辞めて違う仕事

薬剤師を辞めて他の違う仕事に就きたい
そう考える理由はなんですか?

薬剤師という仕事に悩んだことがある人は少なくありません。

毎日毎日たくさんの処方箋を処理していたらミスをしてこっぴどく叱られたこともあるでしょう。
毎日の単調な仕事にやりがいを見いだせなくなることもあるでしょう。

しかし、簡単に薬剤師の仕事を辞めるようなことは早まらないでください。

薬剤師を辞めて違う仕事に就くのもいいが、薬剤師としてのキャリアを捨てるのはもったいない

おそらく「薬剤師を辞めて他の仕事に就きたい」というあなたは薬剤師以外の死後としr田ことがないともいます。
実は薬剤師ほど職場や給料が優遇されている仕事はそうはないという現実をしておいてください。
もしあなたが早計に薬剤師のh¥仕事を辞めたのなら、薬剤師以外の仕事の厳しさにきっと驚かれると思います。

特に給料に関しては待遇としてはかなり悪くなるの覚悟しなければなりません。

薬剤師としての知識や経験を活かせる仕事は?

今まで苦労して身に着けた薬剤師の知識や経験を無駄にするのはとてももったいない話です。
そこで薬剤師としてのチキ氏や経験を活かせる仕事も考えてみましょう。

食品メーカーの研究職への転職

最近の職員メーカーは「健康」関連?商品を開発研究しています。
そこであなたの薬剤足としての地検もい活かせるかもしれません。

ただし健康に関する商品を開発研究しているのは、どこも大手企業の食品メーカーがほとんどです。
そこですでに働いているスタッフの多くは一流大学から研究スタッフとして就職してきた人たちんばかりかもしれません。
その中に飛び込んで、成果や業績を上げるのは、かなり大変なことです。
そもそもそんな大企業に中途で入社できるのか?
かなり狭き門かもしれません。

製薬会社や医薬品メーカーのカスタマーコールセンターへの転職

製薬会社や医薬品メーカーなど医薬品を取り扱う会社であれば、お客様(医師・医療機関)の問い合わせや相談を受けるのにも専門的知識は必須です。
そこで薬剤師の有資格者が必要とされています。
また
・症例報告
・副作用情報
・臨床試験データ
などより専門的な情報を適切にとりまとめる仕事もあるでしょう。

化粧品メーカーへの転職

化粧品メーカーも薬剤師の知識や経験が行かされる仕事があります。
化粧品に用いる新規有効成分の研究や高機能な新素材の開発に加え、新しい製品の薬事申請、広告表現の薬事チェックといった薬事関連の法規に携わるケースもあるでしょう。

治験コーディネーター(CRC)への転職

治験コーディネーターは、治験を実施する施設や機関をサポートするお仕事です。
その業務には
・治験関連の書類作成
・検査の立ち合い
・プロジェクトチームの調整
・実施調査
などの多岐にわたります。

勤務先としては
・大規模医療機関での・院内CR
・治験施設支援機関
があります。

臨床開発モニター(CRA)への転職

臨床開発モニターは、治験に携わる職業です。
製薬企業などからの依頼を受けた治験を行う医師や医療機関のサポートを行います。

MRへの転職

「MR(医薬情報担当者)」の主な仕事は、医薬品の品質や有効性・安全性などに関する情報の提供・収集・伝達です。
高度な薬物治療が当たり前の今、医薬品の適正使用のためにも薬剤師の資格を持つMRも増えています。

今までの薬剤師としての知識や経験を活かせる企業への転職はかなり狭き門である


今までの薬剤師としての知識や経験を活かせる業務は主に大手一流会社ばかりです。
そこに中途入社で働けるかどうか?
現実に今の経済情勢ではかなりハードルが高いと言わざる負えません。

一流大学を卒業したエリートたちが一生懸命に就活をして就職した人たちばかりです。
そんな人たちに負けないようにするには、何倍もの努力は覚悟しなければなりません。

薬剤師を辞めて他の仕事に就きたい理由をもう一度考えてみませんか?

薬剤師が転職を考える理由の中で多いのが以下のものです。

  1. 人間関係
  2. 過酷な労働環境
  3. 収入や待遇面
  4. スキルアップやキャリアアップ

これらの問題は、なにも薬剤師の資格を捨てなくても今の職場を変えることで解決できる可能性も大きいのではないでしょうか?

今の職場での不平不満を薬剤師専門転職エージェントに相談してみるのもいいかもしれません。
意外とあっさり解決できうrことも少なくありません。、

\あなたに悩みを転職エージェントにぶつけてみませんか?/
【お仕事ラボ】で主婦薬剤師でも働ける職場を探す