薬剤師 離婚率

派遣やパートで働くママ薬剤師の中にシングルマザーがとても多く感じませんか?
そんな現実を考えると
薬剤師の離婚率は高いのか?
とも考えられるのですが、いろいろなデータを探しても「薬剤師の離婚率が高い」というものが見つかりませんでした。
ではなぜママ薬剤師にシングルマザーが多いのでしょうか?
その理由を考えてみましょう。

薬剤師の離婚率って高いの?

薬剤師の離婚率って高いの?
薬剤師の離婚率って高いのでしょうか?
いろいろと調査をしてみましたが「薬剤師の離婚率は高い」という調査結果は見つかりませんした。
でも厚生労働省が調査した職業別の離婚率にはこんなデータがありました。


妻の職業 標準化離婚率
総数 4.3
就業者総数 3.8
A.専門・技術職 3.0
B.管理職 13.4
C.事務職 2.6
D.販売職 5.3
E.サービス業 7.4
F.保安職 8.0
G.農林漁業職 14.1
H.運輸・通信職 項目内容
I.生産工程・労務職 2.4
無職 5.4

引用:厚生労働省「夫妻の職業別にみた離婚」


薬剤師なら専門・技術h即に該当するかと思いますので、決して離婚率が高いとはいえないように思います。

薬剤師に近い職業で看護師の場合は?

どうしても離婚したシングルマザーの薬剤左飛さんが多いので、薬剤師と同様の
・女性が多い
・医療系の仕事
である「看護師」さんの場合はどうなんでしょうか?

「看護師の離婚率は高い?アンケート調査」があったのでご紹介しておきます。

なんと看護師の女性にアンケートをとると73.6%の看護師が「看護師の離婚率は高い」と答えているのです。
これは4人に1人の割合にもなります。
これって薬剤師でも同じことがいえるような気がします。
統計データではなく、現場で肌で感じるのはシングルマザーのママ薬剤師は少なくありません。
これはどうしてなのでしょうか?

「薬剤師」と「元薬剤師」を合わせれば薬剤師の離婚率が高いかもしれない

「薬剤師」と「元薬剤師」を合わせれば薬剤師の離婚率が高いかもしれない
「薬剤師」と「元薬剤師」を合わせれば薬剤師の離婚率が高いかもしれない
私自身は離婚したシングルマザーの薬剤足ママが多いのは
「これが一番の理由じゃないかなぁ?」
と考えています。

薬剤師はやはり女性が多いので、結婚・出産を理由に薬剤師を辞めてしまう方が多い業界です。
そんなママ薬剤師が「離婚をするのと同時に薬剤師の仕事に復職する!」というケースが多いのではないでしょうか?

先の職業別離婚率でも無職の方の離婚率も考慮したら「薬剤師」と「元薬剤師」の女性を含めた離婚率は高いと言えるかもしれません。

離婚したシングルマザー薬剤師の復職は意外と簡単

離婚したシングルマザー薬剤師の復職は意外と簡単

薬剤師の働き方もこの10年で大きく様変わりしました。
それは
正社員
派遣
パート
という働き方が薬剤師の業界でも当たり前になってきたからです。

さらにその職場も
病院
調剤薬局
ドラッグストア(マツキヨ・スギ薬局など)
とグ~ンと広くなったのです。

ですので「子育て」と「仕事」の両立が以前よりもかなりハードルが低くなったのも現実的にあります。

離婚したシングルマザー薬剤師の復職に心強い転職エージェントの存在

離婚したシングルマザー薬剤師の復職に心強い転職エージェントの存在

離婚するママ薬剤師にとっての一番の悩みは「仕事」と「子育て・家事」との両立です。

「子育てがあるので短時間の勤務で働けないか?」
「託児所のある病院なら薬剤師として再び働けるかも?」
「自宅の近所で薬剤師の仕事はないの?」

そんなさまざまなわがままな要求も実現できるの印役立つのが薬剤師専門転職エージェントです。

予め自分の希望条件を伝えておけば、それにできるだけ近い条件でも薬剤師の職場を探し出してくれることでしょう。

離婚するシングルマザー薬剤師の復職には「お仕事ラボ」さんもおすすめ


薬剤師専門転職エージェントとして評判なのが@お仕事ラボ」さんです。

登録は無料ですし、思いっきりあなたのわがままをぶつけてみてはいかがでしょうか?
きっとなにかの解決策を見つけてくれると思いますよ。

\家事や子育てと薬剤師の仕事の両立可能な仕事はあるの?/
【お仕事ラボ】でママ薬剤師でも働ける職場を探す



ブランクのあるママ薬剤師の最強の働き方は正社員?パート?派遣?