薬剤師 面接

復職する薬剤師のかたなら新たに転職を考えている企業といの面接に緊張して当たり前です。

しかし新卒での面接なら多少の失礼や失敗も相手の採用担当者も多めに見てはくれますが、これが転職や復職する薬剤師ならそうはいきません。
年齢も年齢ですから採用担当者も一人前の社会人としてあなたを観察してきます。

とはいってもブランクのある薬剤師なら
「面接の流れって?」
「なにを質問されるのだろう?」

と面接前にドキドキ緊張してしまいがちです。

そこで、復職する薬剤師だからこそ面接の流れと質問されることを予め知っておくことをおすすめします。

復職する薬剤師の面接で大切なのはアピール力

薬剤師 面接 アピール
ひょっとしたら大事な面接前に余計に緊張させてしまうかもしれませんがひとつ知っておいて欲し事があります。
それは相手の採用担当者が面接で重要視しているのは
あなたのアピール力
ということを忘れないでください。

多少の失敗や失礼があったとしても、相手先の採用担当者にあなた自身のことをしっかりとアピールできれば採用を勝ち獲ることは十分可能なのです。
だからこそ、あまり細かいことは考えすぎずにしっかりと面接官と向き合いましょう。

面接は薬剤師の復職にとって避けては通れない道です。
だからこそ準備も大切ですし、面接官に
「この人と一緒に働きたい」
「この人に働いて欲しい」

そう思わせなければなりません。

そのためには
「話し方」
「身だしなみ」
もとても大切です。

なぜなら、面接では面接するほうもされるほうも初対面です。
だからこそ「話し方」や「身だしなみ」には気をつけてください。
初対面ではどうしても第一印象でその人となりは判断されてしまうからです。

転職・復職する薬剤師の面接の身だしなみ

薬剤師 面接 身だしなみ

復職する薬剤師にとって面接は自分自身をアピールする重要な場です。
しかし、面接官からしてもあなたとは初対面だのです。
ですから、自分のアピールで逆効果にならないためにはある程度はセオリーを守った身だしなみが無難です。

身だしなみ|女性編

採用する面接官の年代を考えれば、無難な身だしなみがいいでしょう。
派手なメイクやネイルは控えた方がいいとおもいます。

  • メイクはナチュラルに
  • ブラウスは白
  • ジャケットは黒か紺かチャコールグレーが無難
  • パンツスーツでもOK
  • スカートの場合は膝が出ない方が無難
  • 靴のヒールの高さは3cm~5cm程度
  • ストッキングは肌色が無難

面接にお洒落な服装で臨む必要はありません。
変な第一印象を与えないように心がけましょう。

復職する薬剤師の面接の入室から退室まで

面接官はあなたが面接する場所に入った時から最後の退室する瞬間まで注意深く観察していることは忘れないでください。
細かい仕草や言動からあなたの性格や人となりを判断しようとしているのです。

入室

  1. 「コンコンm」とドアを2回ほどノック。
  2. 「どうぞ」と言われてから入室します
  3. 入室時に元気よく「失礼します」と挨拶をし、静かにドアを閉める
  4. 着席する前に「よろしくお願いいたします」と一礼。
  5. テーブルやいすが置かれている付近まで移動し面接官から促されて席に座る。

面接開始

  1. ハキハキト元気よく話すようにしましょう。
  2. 面接官の目を見て話しましょう。
    (うつむくのはいけません)
  3. 言葉遣いに気を付けましょう。
    (意外と敬語になっていないことも多いので気を付けて)
  4. 面接官の質問委は的確にこ変えるようにしましょう。
    (緊張しすぎると面接官の質問の意味が分からなくなります)

面接でよくされる質問

面接でされる質問はある程度パターン化しているものです。
予想される質問を想定しておいて、予め回答を用意しておくと慌てなくて済みます。
ただあまり考えすぎて面接に臨んでしまうと想定外の質問にパニックになってしいがちです。
あくまで自然体で臨みましょう。

薬剤師の復職・転職の面接でよくされる質問|志望動機

  • 「弊社に応募した志望動機は何ですか?」
  • 「なぜ弊社を選ばれたのですか?」
  • 「弊社のホームページはご覧になりましたか?」
  • 「薬剤師に問てタイせちなことは何だとお考えですか?」
  • 「これから頑張りたいと思っているうことは何ですか?」

薬剤師の復職・転職の面接でよくされる質問|自己紹介

  • 「簡単に自己紹介していただけますか?」
  • 「あなたの長所と短所を教えていただけますか?」
  • 「あなたの性格を一言でうぃうと?」
  • 「趣味や特技はありますか?」
  • 「学生時代になにか頑張っていたことはありますか?」

薬剤師の復職・転職の面接でよくされる質問|目標や仕事に対する取り組み

  • 「仕事で大切なことは何だとお考えですか?」
  • 「まわりのスタッフとうまくやっていく自信はありますか?」
  • 「仕事に忙しい時期もありますが大丈夫ですか?」

薬剤師の復職・転職の面接でよくされる質問|その他

  • 「今までで感動したことをなにか教えてください」
  • 「以前の職場で学んだことは何ですか?」
  • 「勤務条件などなにか不明な点や質問はありますか?」

退室

  1. 椅子から立ち上がり
    「本日はありがとうございました」
    「失礼いたします」
    と行ってから一礼する。
  2. ドアの前で再び振り返り一礼
  3. ドアを開け退出
  4. 静かにドアを閉める
  5. 面接会場を出るまでは気を抜かない。
    (意外とトイレなどで関係者と遭遇していることもある)

復職・転職での薬剤足の面接で極度に緊張する必要はない

薬剤師 面接 緊張

復職・転職する薬剤師の面接であまり緊張する必要はありません。
なぜなら、面接まで行うということは相手の採用企業もあなたに相当な興味がある
というか
薬剤師を雇いたい
ということなんですからね。

今はどこも薬剤師の人手不足は深刻です。
だからこそあなたを面接までしているのです。

ただ、必要最低限のマナーさえ守れるのであれば面接は意外と簡単に乗り越えられるものです。

ただ、もしもどこかの企業で面接で落ちたのならば何か下忍があるはずです。
身だしなみ
言動
あるいは
わがまますぎる勤務条件

どれが下人なのか?
キチンと振り返っておく必要があります